専業主婦がお金を借りるのは2パターンあります

現在貸金業法で専業主婦の方は、原則消費者金融や信販会社のカードローンは契約できないことになっています。

そこで専業主婦の方は、銀行カードローンを利用することになりますが、配偶者に内緒で借りられるので特に心配ごとはありません。

しかしすでに複数の銀行カードローンを利用されている専業主婦の方は、新たに銀行カードローンでは貸してもらえないでしょう。

そんな専業主婦の方が頼れるのが、配偶者貸付を行う金融業者です。

配偶者貸付とは配偶者と専業主婦の年収の合計額の1/3まで、つまりご主人の年収の1/3まで借りられる制度のことです。

配偶者貸付は貸金業法の特例で、大手の消費者金融や信販会社では行っていません。

ですから小さな金融業者で配偶者貸付を行うところを探せばいいのです。

ただし配偶者の同意や結婚していることを証明する必要があり、ご主人には内緒では借りられません。

無職の方はお金を借りられるの?

現在無職の方でも、働いていた時にクレジットカードを契約していればキャッシング枠を使ってお金が借りられます。
馬鹿正直に現在無職だとカード会社に伝える必要はありません。

一方現在無職の方は、カードローンの審査にはほぼ通らないでしょう。
カードローンの契約には在籍確認の電話連絡があり、嘘をついて働いていると申告しても必ずばれるからです。
そこで無職の方でクレジットカードさえ持っていない方は、カードローンよりもクレジットカードに申し込む方が審査に通りやすいです。
問題の職業欄はフリーの作家やライターと書けばOKです。
自宅に固定電話があれば、さらに審査に通る可能性が高まります。
審査が甘いと噂されるクレジットカードは本人確認の電話さえない場合も多く、ショッピング枠とキャッシング枠を少なめに申し込めば、無職でも契約できる可能性はあります。

アルバイトでもキャッシング出来る

パート・アルバイトの様な雇用形態であってもキャッシングする事は可能です。借り入れする際に審査になりますがその点で重要となるのは借り入れの返済能力の有無になりますのでその条件として安定した収入でありより長い期間働いていれば信頼がありますので審査が通りやすいでしょう。

逆に通りにくいのは日雇いのアルバイトであったり短期アルバイト等の場合ですと安定した収入があると見なされない場合がありますので気を付けなければなりません。また収入の額によっても金額が変わりますのでアルバイトの場合は高額な融資を受けるのは難しいでしょう。生活費などの名目であれば殆どの場合借り入れ可能になっていますのでまず一度審査をしてみましょう。

やってよかった「おまとめローン」

私は消費者金融3社からキャッシングをしていました。

限度額までキャッシングしてしまったので、他の会社で申し込みをしてという流れで、いつのまにか3社になってしまいました。

支払い方法も当然別々なので、支払日が近づいてくるといつもATMに10分程度張りついてお金の工面をしていました。

ネットで東京スター銀行のおまとめローンのをみてこれだ!!と思いました。

自分にとって「3社バラバラに支払っていたものが1社になって、おまけに金利が下がるということであれば文句はないな」と思い、すぐにネットで東京スター銀行のことを調べて申し込みをすることにしました。

借り入れはイオンカード、オリコカード、ニコスカードのキャッシングで合わせて200万円ほどありました。

預け入れがあればその分金利が優遇されるというメリットが東京スター銀行のおまとめローンにはメリットを感じました。

「借入残高ー預け入れ金額」が実際に金利がかかる対象になるという他にはないプランがすごく魅力的でした。

実際に無理に返済する必要もなく、余裕があれば預け入れをしておけば金利がその分かからないとは借りた側からしたらものすごくメリットを感じました。

借入自体できれば行わないのが一番ですが、万一の場合に東京スター銀行のローンは助けになると思います。

楽天カードのキャッシングを利用してみた

急な出費が必要だったため、楽天カードのキャッシングを利用しました。
キャッシングはATMでもできますが、私はATMに行かずWEBで振込の手続きをして指定の口座に振り込みました。
ATMに行く暇がない方、面倒な方におすすめです。返済はWEBから申し込めばリボ払いで返済することができます。
いっぺんに返済することができないという方でも安心して借り入れをすることができます。
また、「キャッシングを利用すると楽天ポイントがもらえる」というキャンペーンがあり、私はそれに応募して楽天ポイントをもらうことができました。
キャッシングの審査ですが収入証明書や源泉徴収書の提出もなかったですし、在籍確認もありませんでしたので手間なくスムーズに審査がおりたので、簡単につくることができました。
急な出費が出た方、楽天カードのキャッシングおすすめです。

キャッシングの審査

キャッシングの審査では、高給よりも安定した給与を得ていることが、有利に働いてきます。

高給を得ている方は、その分の返済能力が高くなっている傾向にありますが、同じ会社で働いている年月が短かったり、もらえる給与に波があると、安定的な収入があるとはみなされなくなってしまうのです。その点、収入が低い方でも、毎月安定的な収入を得られている方であれば、融資を受けることができる可能性が高くなってくるのです。収入が低くても、毎月一定額以上の収入を得られていれば、返済することが可能になってくるため、融資を受けた後に困ることがありません。毎月の収入が少ない方でも、自信を持って申込みしてみるとよいでしょう。

ただ、収入が少ない方は、確実に融資を受けるためにも、申し込みする業者を選んでいく必要も出てきます。申込みするときに、あまりにも審査が厳しく行われている業者を選んでしまうと、収入の低さがネックになってしまう場合も出てくるのです。どうしても、お金を借入したいと考えたときには、審査が緩やかになっている消費者金融系の業者に申し込みを行ってみるとよいでしょう。消費者金融では、一定条件をクリアすることにより年収が低くても借入できるようになってきます。

アルバイトでもキャッシングを利用することができるか

消費者金融でキャッシングを利用してお金を借りるためにはまず借入の申込をして審査を受ける必要があります。

そして審査に通過するためにはいくつかの条件がありますが、その中でも継続的な収入を得ているということが重要になってきます。

なぜなら消費者金融は総量規制の対象となる金融業者なので、収入を得ていないとその条件を満たすことができないので審査を通過することができないからです。

そこで正社員として仕事をしている人は特に問題ないのですが、アルバイトのような非正規で仕事をしている人はキャッシングを利用することができるのかということですが、消費者金融側の審査は雇用形態よりも継続的な収入を得ているかを重視するので、雇用がアルバイトであっても毎月継続的な収入を得ることができていれば審査に通過することができて、キャッシングを利用することが可能です。

そこでアルバイトの人が消費者金融でキャッシングを利用するために審査を通過しやすくするにはどのようなことに注意すればいいのかというとまず毎月少なくてもしっかりと給料をもらえるように維持をしておくことです。

それから総量規制の問題で収入があることの他に借入の額が問題となってくるので、なるべく減らしておくことの大事なポイントであると言えます。

さらに一度に複数の消費者金融に申し込まないということも重要です。なぜならこのようなことをしてしまうと信用情報機関に登録されてしまい、申込ブラックの扱いを受けて審査に不利になってしまうからです。

アルバイトがキャッシングをする方法

アルバイトではキャッシングができないというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、実際のところこのキャッシングはアルバイトの方であってもできる方法があります。ですからそのアルバイトのキャッシング方法についてこれからご説明をしたいと考えています。

その方法とは、カードローンキャッシングです。カードローンであればアルバイト、パートの方でも申し込みができますし、審査にも通れる可能性も十分にあります。ですから、アルバイトだからキャッシングができない、なんて悲観的になってしまう必要はないといえるのではないでしょうか。

アルバイトの方でもキャッシングをしたいと思っているのであれば、カードローンに申し込むようにしましょう。特に消費者金融系のカードローンであれば、審査もあまり厳しくはありませんから、アルバイトの方でも申し込みがしやすいといえるのではないでしょうか。アルバイトでキャッシングをするこの方法をぜひ参考にしてみてください。

キャッシングを即日受けるためのポイント4つ

お金が急遽必要というときにキャッシングが即日受けられるところは重宝します。

しかし、いくら「即日融資可能です!」と宣伝しているところでも
確実にその日のうちからキャッシングができるとは限りません。

■本人確認書類など、申し込みに必要なものは事前に準備しておく

キャッシングをしたいならばどこの会社を選ぶにしろ、必要な手続きがあります。
免許証やパスポートなどの本人だと確認できるものは事前に準備しておきましょう。

「コピーを送ってください」と言われてから撮りに行くよりも
先に用意しておけば時間の短縮になります。

また、他社の借入件数や金額、会社の所在地や在籍年数などすぐに
入力できるように調べておくとスムーズな申し込みができます。

■無人契約機や店頭なら即日の可能性が高い

電話やネットなどキャッシング申し込みの方法は色々ありますが、
即日融資なら無人契約機や店頭に行くと審査がスムーズならすぐにカードを発行してくれます。

融資の契約の流れは
・氏名・住所・収入・会社の在籍年数や他社借入件数などの必要事項の記入
・本人確認書類(免許証や保険証など)の提示
・在籍確認
・審査
といった手順(会社により多少の違いがあります)で、契約者本人がその場にいるので
全て順調なら即日で契約が完了することも珍しくありません。

■web申し込みでも

近くに窓口が無い、店にはいるのは嫌だという場合ならwebでの申し込みでも早ければ即日キャッシングが可能です。

ただ、夕方過ぎや夜などの時間帯では即日は難しいので万全を期すなら平日の昼までか
キャッシング予定の前日の夜のうちから申込を進められるだけ進めてしまうがおすすめです。

本当に急な場合は難しいかもしれませんが、夜にお金が必要なことを気づいたときなどは
前の日の夜にネットから手続きをしてしまいましょう。

土日会社が休みだと在籍の確認が取れないため、どうしても後日になります。
もちろん、土曜日や日曜日だけではなく、あなたの会社が休みの日に在籍確認の電話をして
誰もでなかったら契約が全部終わらないので即日でのキャッシングはできません。

■『即日からの融資』を前面に押し出して宣伝いる大手を選ぶ

現在は申し込んだその日のうちにキャッシングできるところが多いですが、
できるだけ確実に借りたいなら大手を選ぶほうが無難です。

即日キャッシングを全面に押し出しているところならweb申し込みでの反応も早いですし、
そこに力を入れていると言えます。

大手なら人員も多いかなという保険の意味もあります。

■まとめ
どうしても即日でキャッシングをしたいときに心がけておくことと言えば
やはり契約をスムーズに進められるようにこちらからも協力するくらいの気持ちが大切なのです。

結果的にそのほうがこちらも得をします。

申し込みに関する必要事項や書類は準備し、相手が審査をすぐできるようしておけば
その日のうちからお金を借りることが可能です。

逆に言えば、スムーズな契約ができないと審査までなかなか進まないし、
こちらも即日からのキャッシングが希望通りにいかなという結果になるかもしれません。

 

アルバイトがキャッシングを利用するときの注意点

基本的にはキャッシングで借りる金額は少ないことが多いため、正社員でないパートやアルバイトの方でも気軽にお金を借りられるのが魅力のひとつとなっています。ただ、安定した正社員よりは審査に通る基準も厳しくなっているため、アルバイトの方がキャッシングを利用する際には少し注意が必要です。

キャッシング会社が審査の際に最も重視していることは、仕事形態よりも返済能力の有無です。言い換えれば、たとえパートやアルバイトでも長年同じ職場で働いているか、毎月安定した額の収入を得ている場合は審査に通りやすくなります。

このときに注意してほしいのは、短期のアルバイトなどは収入が安定しないことが多いため、審査には非常に通りにくいということです。また、アルバイトの方は借り入れられる限度額も正社員に比べて低く設定される場合がほとんどですが、借り入れ額が低いことによるメリットも逆に存在します。

たとえば、少額融資(具体的には50万円以下)の際には個人収入の有無を証明する「収入証明書」を用意する必要がないということです。

アルバイトの方がキャッシングを利用する際には、審査に通りやすくなるように一定額の収入を得られる仕事に就くことと、融資希望額を低めに申告するとよいでしょう。

最低限、このポイントをおさえれば比較的楽に借りられます。アルバイトでも従事年数が長い方・高収入を得ている方は融資額が正社員並みに設定されるケースもありますので、とりあえず審査だけ受けてみてから融資を受けるか否かを決定するのもOKです。