アルバイトがキャッシングを利用するときの注意点

基本的にはキャッシングで借りる金額は少ないことが多いため、正社員でないパートやアルバイトの方でも気軽にお金を借りられるのが魅力のひとつとなっています。ただ、安定した正社員よりは審査に通る基準も厳しくなっているため、アルバイトの方がキャッシングを利用する際には少し注意が必要です。

キャッシング会社が審査の際に最も重視していることは、仕事形態よりも返済能力の有無です。言い換えれば、たとえパートやアルバイトでも長年同じ職場で働いているか、毎月安定した額の収入を得ている場合は審査に通りやすくなります。

このときに注意してほしいのは、短期のアルバイトなどは収入が安定しないことが多いため、審査には非常に通りにくいということです。また、アルバイトの方は借り入れられる限度額も正社員に比べて低く設定される場合がほとんどですが、借り入れ額が低いことによるメリットも逆に存在します。

たとえば、少額融資(具体的には50万円以下)の際には個人収入の有無を証明する「収入証明書」を用意する必要がないということです。

アルバイトの方がキャッシングを利用する際には、審査に通りやすくなるように一定額の収入を得られる仕事に就くことと、融資希望額を低めに申告するとよいでしょう。

最低限、このポイントをおさえれば比較的楽に借りられます。アルバイトでも従事年数が長い方・高収入を得ている方は融資額が正社員並みに設定されるケースもありますので、とりあえず審査だけ受けてみてから融資を受けるか否かを決定するのもOKです。