キャッシングの返済にかかわる総量規制の意外なメリット

消費者金融でキャッシングをすると、通常は総量規制という、国が決めている借り入れ限度額にひかかる可能性があります。逆に銀行でお金を借りると、この総量規制にはひっかからないので、新たに会社を興そうと考えたときなど、1度に大量のお金が必要になる場合、銀行で借りた方が有利になるわけです。

ただ、そうじゃない場合はそこまで多くのお金が1度に必要になることはありません。だから、消費者金融でも十分というケースもあるでしょう。というか、逆に総量規制があることでメリットになる部分も少なからずあります。それは総量規制があると、どうあがいても貸してくれないので、借りすぎによる返済が困難になる事態を防ぐことができるのです。

総量規制は、ちゃんと合理的に借りすぎにならない限度額を設定しているので、それを越える利用というのは、客観的に見て借りすぎになってしまうわけです。銀行で借りていたら、この借りすぎに気付けない場合があり、返済に困るということもあります。後に債務整理などをしないといけない事態になりかねません。

だからこそ、あえて総量規制のある消費者金融を利用することは、その借りすぎとなるボーダーを越えないようにしてくれるという意味では、健全な借り入れと返済を行う際のメリットとしても機能するのではないでしょうか?