誰にも知られることなくキャッシングに申し込めました

キャッシングを利用していることを他人に知られてもいいと思っているひとはきっと少ないと思います。キャッシングに申し込みをしたときは誰にも知られたくないと感じるものだと思います。私自身が誰にも知られずにキャッシングに申し込みたいと思っていました。

一緒に住んでいる両親にも会社の仲間たちにも私が消費者金融に申し込みをすることは知られたくありませんでした。ですから、どうすれば誰にも知られずに消費者金融に申し込みができるか私は時間をかけて調べました。大して時間はかかりませんでしたが、私は誰にも知られずに消費者金融に申し込みをする方法を見つけることができました。

それは消費者金融のモビットが提供しているweb完結式の申し込みを利用することでした。この方法を利用してモビットに申し込みをすると、自宅にモビットから郵便物が届くこともありませんし、職場にモビットから在籍確認の電話がかかってくることもないのです。つまり、誰にも知られることなくモビットのキャッシングに申し込みができることになるいうわけです。

モビットのホームページで申し込み条件等をよく確認してから手続きを済ませ、私は希望通り親にも同僚たちにも知られることなくキャッシングの申し込みができたのです。ご興味のある方はモビットのホームページを読んでみることをおすすめします。

当日貸付

総量管轄対象外という触れ込みを、サラ金などで代価を借り入れるときに聞いたいことがある者はおられるのではないでしょうか。対象外という触れ込みがついているということは、案の定「総量管轄」という触れ込みも存在します。「総量管轄」とは貸金業法に定められた常識で、給与の1/3以上の借入をサラ金ディーラーは行ってはいけないという常識だ。サラ金の各社の利息が状勢よりもおっきい時期に、代価を払えないための災厄を有する輩が多数出て社会問題となったために制定された常識だ。そのためサラ金から一定の金額上記を借りたい場合は、資産資格の提示が必要になり、共に他の金融機関から借入をしていないかの確認があり、もしもう借入が給与の1/3を超えている場合は割賦をできません。
そうなると「総量かさ管轄対象外」とはどういった意味があるのでしょうか。キャッシングのサービスを提供している法人は大きく、銀行系のカード割賦法人とサラ金に分けられます。サラ金は「貸金業法」にのっとってサービスを行いますが、銀行系のカード割賦法人は「銀行法」にのっとってサービスを行います。つまり、銀行系のカード割賦会社でキャッシングを行えば総量管轄の対象外となり、給与の1/3以上の費用を借りることも可能になります。