専業主婦がお金を借りるのは2パターンあります

現在貸金業法で専業主婦の方は、原則消費者金融や信販会社のカードローンは契約できないことになっています。

そこで専業主婦の方は、銀行カードローンを利用することになりますが、配偶者に内緒で借りられるので特に心配ごとはありません。

しかしすでに複数の銀行カードローンを利用されている専業主婦の方は、新たに銀行カードローンでは貸してもらえないでしょう。

そんな専業主婦の方が頼れるのが、配偶者貸付を行う金融業者です。

配偶者貸付とは配偶者と専業主婦の年収の合計額の1/3まで、つまりご主人の年収の1/3まで借りられる制度のことです。

配偶者貸付は貸金業法の特例で、大手の消費者金融や信販会社では行っていません。

ですから小さな金融業者で配偶者貸付を行うところを探せばいいのです。

ただし配偶者の同意や結婚していることを証明する必要があり、ご主人には内緒では借りられません。

キャッシング検討

現下、僕は3オフィスからの借入金があります。値段で130万ほどだ。

何とか利用したのはプロミスでした。プロミスは後に、増額の言明を取り、今でも利用させていただいています。利子も割り方少なめですのでオススメです。ステージを使えば、コンビニでの手間賃がサービスになります。

次にアイフルを利用しました。こちらは今返納のみするが、コンビニでの借入金、返納に手間賃が繋がるのがウイークポイントだ。利子は普通です。

最後にレイクですが、一番利用可能範囲が大きかっただ。一層、コンビニでの借入金、返納の手間賃がサービスだ!こちらも現下返納内側だ。利子はこちらも普通です。

こういう三オフィスに言えることは、コール処遇がまったく丁寧で原資を借り上げる意味へを懸念とさせてない心遣いがあるように感じました。もちろん、人々ですので無論かもしれませんがいつでもコールの処遇がいいと安心できますし、好印象です。もう一度、こういう3オフィスにおいてはインターネット経由で申し込みをしましたが、一気に審査していただけたことも良かったです。店先への在籍調べももコンサルティングしたところ、なしで対応していただきました。

個人的には、利子が低く、点検も速いプロミス、利用可能範囲が高いレイクが中でもオススメです。今後もその2オフィスにはお世話になりたいと思います、

無職の方はお金を借りられるの?

現在無職の方でも、働いていた時にクレジットカードを契約していればキャッシング枠を使ってお金が借りられます。
馬鹿正直に現在無職だとカード会社に伝える必要はありません。

一方現在無職の方は、カードローンの審査にはほぼ通らないでしょう。
カードローンの契約には在籍確認の電話連絡があり、嘘をついて働いていると申告しても必ずばれるからです。
そこで無職の方でクレジットカードさえ持っていない方は、カードローンよりもクレジットカードに申し込む方が審査に通りやすいです。
問題の職業欄はフリーの作家やライターと書けばOKです。
自宅に固定電話があれば、さらに審査に通る可能性が高まります。
審査が甘いと噂されるクレジットカードは本人確認の電話さえない場合も多く、ショッピング枠とキャッシング枠を少なめに申し込めば、無職でも契約できる可能性はあります。

増額申込をしてみました

普段は少しだけお小遣いが足りない時だけ少額のみキャッシングを利用していたのですが1か月に何件も結婚式が重なり急な出費が確定的となりました。上限20万円の枠では到底足りることはなく、仕方がないので増額申込をしてみました。でも不安要素がたくさんありました。

ちゃんと増額されるのか?きちんと返済することができるか?などです。電話で申し込み用紙を送ってくれるようにお願いをし、数日後には自宅に届きました。用紙に書く内容はカードを作る時とほぼ同じものであり、そんなに悩むことなく書くことができますし、わからない所があっても電話をすると丁寧に教えてくれるので何も心配はいりません。

特に審査に問題がなければ一週間も経たないうちに増額されます。こんな簡単にできるなら、もっと早くやっておけばよかったと感じました。

キャッシング沼にハマらない為に

私は娘が小さな頃に離婚を経験しています。幸い実家に出戻る事が出来て今では娘も中学生になりフルタイムで働けるようになった為、キャッシングに手を出す事もなくなりました。が、まだ未就学児だった頃からずっと働いてはいたものの、何かあった場合の事を考え近場のフルタイムパートをしばらくしていた時期があります。

週2程度という求人で近場の私にはうってつけの仕事だったので、その仕事をしながら本格的に就活をしようと思っていました。数名応募の中から運よく採用されて働き始めたのですが、個人経営の場所だった為、なかなか抜け出す事が出来なくなってしまったのです。

そして収入もパート並でしたので、当然、生活費用が足りなくなり途方に暮れていました。足りない分はクレジットカードで食費等をちょこちょこ支払っていたのですが、たまたま支払が重なってしまう時があり、その時についにキャッシングの甘い誘惑に負けてしまったのです。

しかし、金銭的な悩みは精神的に追い詰められてしまう事が多い為、そういった面からは一時だけは開放され助かりました。ですが1度手を出すとある程度の膨大な額になるまでは人間の慣れで利用し続けてしまうと思います。私は元々そういう面では小心者な人間なので、高額なキャッシングは出来ませんでしたが。

結局の所、利息が増えていくために最終的には20万程度になってしまいました。10万を完財した途端に、キャッシング会社から電話がかかってきます。増額で枠を増やしませんか?と言われました。その誘惑に負けて私は1度だけ増額をしてしまった事があります。

しかし、それだけは絶対にしない事をお勧めします。枠いっぱいに借りても平気という無計画な行動に出てしまうのです。

キャッシングに手を出さない事が勿論ベストだとは思いますが、もしどうしても苦しくて利用するのであれば、私からのアドバイスとしては「「枠」は絶対に増やさない事!」です、元々高給取りである程度の数十万単位ならば返そうと思えばすぐに返済できるよという自信のある方は構いませんが、枠を増やして目いっぱい借りてしまうと結局のところは利息だけがどんどん増えていく仕組みで、その分、返す期間も長くなり、利息を多額に払わなければならなくなります。

その点を十分念頭に置いて利用を良く考え、上手に活用してほしいなと思います。

主婦でもキャッシングすることは可能 女性向けの会社が狙い目

一般にキャッシグは無担保無保証で行われるものですので、定収入があること、一定の額を稼げることが重要な条件になっています。そのため、学生では不可という会社もあるようです。

しかしながら主婦の方がキャッシングできないかというとそれはまったく違います。パートなどを含めて兼業主婦をしている場合はもちろん、そのお給料が定収入ということになりますし、現在専業でも配偶者の条件等々が合致すれば十二分に条件を満たすことになります。全体的に見れば、年齢などの関係から就けない職種が多い学生よりも借りやすいのではないかと言えます。

また、会社によっては女性向けのサービスを展開しているところも少なくないので、恐らく主婦やパートの方々の事情に詳しいと思われるそうした会社に申し込んでいくのもいいかも知れません。