教育費用向けのカードローンが存在する!

子供の成長に伴い、教育費用を準備する必要があります。特に高校や大学・専門学校の進学に於いては、高額な入学金や授業料、その他準備資金が必要になります。また、費用が必要になるタイミングがバラバラとなっているため、フリーローンや目的別ローンで一括借り入れをする方法は、返済開始時期が前倒しになってしまい、無駄な利息が生じる可能性があります。

一方、カードローンを利用すれば必要なタイミングで借り入れが可能なため、返済開始時期を気にする必要が無くなるものの、金利差が10%以上あるなど、あまりお得に感じない結果となってしまいます。ですが、銀行の中には、教育カードローンといった商材を提供しているところもあり、在学期間中が借り入れ可能期間となり、卒業後でも返済が継続出来るようになっています。また、金利もカードローンでありながら4%前後となり、フリーローンと遜色が無くなっています。

教育費用に限定されるため、利用目的に制限があると考えてしまいますが、『家賃』、『仕送り資金』に充てられるなど、離れた地域で生活する学生の生活をサポートすることが可能になっています。教育費用の借り入れを検討している方は、通常のカードローンを契約する前に教育費用に対応した低金利のカードローンを検討するのがおすすめです。