キャッシングを即日受けるためのポイント4つ

お金が急遽必要というときにキャッシングが即日受けられるところは重宝します。

しかし、いくら「即日融資可能です!」と宣伝しているところでも
確実にその日のうちからキャッシングができるとは限りません。

■本人確認書類など、申し込みに必要なものは事前に準備しておく

キャッシングをしたいならばどこの会社を選ぶにしろ、必要な手続きがあります。
免許証やパスポートなどの本人だと確認できるものは事前に準備しておきましょう。

「コピーを送ってください」と言われてから撮りに行くよりも
先に用意しておけば時間の短縮になります。

また、他社の借入件数や金額、会社の所在地や在籍年数などすぐに
入力できるように調べておくとスムーズな申し込みができます。

■無人契約機や店頭なら即日の可能性が高い

電話やネットなどキャッシング申し込みの方法は色々ありますが、
即日融資なら無人契約機や店頭に行くと審査がスムーズならすぐにカードを発行してくれます。

融資の契約の流れは
・氏名・住所・収入・会社の在籍年数や他社借入件数などの必要事項の記入
・本人確認書類(免許証や保険証など)の提示
・在籍確認
・審査
といった手順(会社により多少の違いがあります)で、契約者本人がその場にいるので
全て順調なら即日で契約が完了することも珍しくありません。

■web申し込みでも

近くに窓口が無い、店にはいるのは嫌だという場合ならwebでの申し込みでも早ければ即日キャッシングが可能です。

ただ、夕方過ぎや夜などの時間帯では即日は難しいので万全を期すなら平日の昼までか
キャッシング予定の前日の夜のうちから申込を進められるだけ進めてしまうがおすすめです。

本当に急な場合は難しいかもしれませんが、夜にお金が必要なことを気づいたときなどは
前の日の夜にネットから手続きをしてしまいましょう。

土日会社が休みだと在籍の確認が取れないため、どうしても後日になります。
もちろん、土曜日や日曜日だけではなく、あなたの会社が休みの日に在籍確認の電話をして
誰もでなかったら契約が全部終わらないので即日でのキャッシングはできません。

■『即日からの融資』を前面に押し出して宣伝いる大手を選ぶ

現在は申し込んだその日のうちにキャッシングできるところが多いですが、
できるだけ確実に借りたいなら大手を選ぶほうが無難です。

即日キャッシングを全面に押し出しているところならweb申し込みでの反応も早いですし、
そこに力を入れていると言えます。

大手なら人員も多いかなという保険の意味もあります。

■まとめ
どうしても即日でキャッシングをしたいときに心がけておくことと言えば
やはり契約をスムーズに進められるようにこちらからも協力するくらいの気持ちが大切なのです。

結果的にそのほうがこちらも得をします。

申し込みに関する必要事項や書類は準備し、相手が審査をすぐできるようしておけば
その日のうちからお金を借りることが可能です。

逆に言えば、スムーズな契約ができないと審査までなかなか進まないし、
こちらも即日からのキャッシングが希望通りにいかなという結果になるかもしれません。