カードローンの返済!返済時にどのように充当されるのか理解するべし!

銀行や消費者金融のカードローンにおいて、共通して問題視されるのは残高リボルビング方式です。よく借入残高がなかなか減らず、利息が高いという不満が話題になります。ですが、返済方式を理解し、返済した金額がどのように充当されるのか理解することで、効率良く返済することも可能になります。

返済した金額から優先して充当されるのが利息です。返済金額が少ない場合、利息分と元本の比率が悪くなることが利息が高い、返済期間が長くなることの要因です。先ず重要なことは、元本が翌月には大きく減っていることが肝心であり、余裕のある時に元本をどんどん減らすことがポイントになります。

現在では口座振替による返済が可能になっているものの、借金が減り難くなる要因の一つになるため、借金が減らないと感じている方は毎月1000円や2000円を追加で返済してみることで違いを認識することが出来ます。先ずは、生活に負担が掛からない程度の金額だけでも、追加返済してみましょう。

キャッシングの返済にかかわる総量規制の意外なメリット

消費者金融でキャッシングをすると、通常は総量規制という、国が決めている借り入れ限度額にひかかる可能性があります。逆に銀行でお金を借りると、この総量規制にはひっかからないので、新たに会社を興そうと考えたときなど、1度に大量のお金が必要になる場合、銀行で借りた方が有利になるわけです。

ただ、そうじゃない場合はそこまで多くのお金が1度に必要になることはありません。だから、消費者金融でも十分というケースもあるでしょう。というか、逆に総量規制があることでメリットになる部分も少なからずあります。それは総量規制があると、どうあがいても貸してくれないので、借りすぎによる返済が困難になる事態を防ぐことができるのです。

総量規制は、ちゃんと合理的に借りすぎにならない限度額を設定しているので、それを越える利用というのは、客観的に見て借りすぎになってしまうわけです。銀行で借りていたら、この借りすぎに気付けない場合があり、返済に困るということもあります。後に債務整理などをしないといけない事態になりかねません。

だからこそ、あえて総量規制のある消費者金融を利用することは、その借りすぎとなるボーダーを越えないようにしてくれるという意味では、健全な借り入れと返済を行う際のメリットとしても機能するのではないでしょうか?